スポーツにおける多様な文化の醸成と普及・啓発、県民への貢献として、スポーツ分野では、多種多様な専門性を有した人々がそれぞれの場所で活躍しており、その方々の協力なしではスポーツ振興は実現しません。

 このため、当学会では、スポーツ活動の研究のみならず、スポーツに関係する様々な人々の理解、連携、協力を推進することを目指しています。

 スポーツ医・科学の理論や技術を基にスポーツ救護ナースとして、スポーツ選手や指導者、スポーツ愛好家らに対して、スポーツ活動の救護、安全管理、傷害予防、競技力向上などの支援を行うとともに、健康増進とスポーツ活動の連携と普及に寄与することを目的として「日本スポーツ救護看護学会」を設立することにいたしました。皆様のご理解、ご協力とご指導をなにとぞよろしくお願い致します。

2019年6月1日

趣意書

 

日本スポーツ救護学会 挨拶

 

スポーツ救護ナースの皆様をお迎えして

​【会長挨拶】

日本スポーツ救護看護学会

​    理事長 栗秋 良子

 令和元年(2019年)6月1日、記念すべき年に日本スポーツ救護看護学会を設立することができました。

 平成24年(2012年)4月、全国初のスポーツ救護ナースの養成を県スポーツ学会が開始しました。その目的は、スポーツ全般の知識を習得し、スポーツにおける救護の専門家として適切な判断処置が出来る実践を身に付けた人材を育成する事です。

 現在までスポーツ救護ナース652名、スポーツ救護員217名を養成しました。県外からの受講生も増えております。派遣は中体連や高体連を中心にこの6年間で、総延人数は約1800名をスポーツ現場に派遣しております。昨年の2019ラグビーワールドカップにも100名以上を派遣することができ、関係者から感謝されました。

 この度、スポーツ現場への派遣は日本スポーツ救護看護学会が一手に行う事となりました。今年(2020年)は東京オリンピック・パラリンピックの開催もあり、スポーツ救護ナースの活躍の場は全国レベルまで達しています。

 今後の少子超高齢化社会ではますますスポーツの意義は大きく、同時にスポーツ救護ナースの役割も増すかと思われます。健康と予防、福祉に貢献すると共に、この分野は看護師の夢と展望のある事業・でもあると考えております。

 今後もさらに広く全国への普及啓発に努めたいと考えております。皆様のご協力をよろしくお願い致します。

令和2年2月吉日

【役員】

​顧問

秋吉 信子(​大分県日本赤十字病院元看護部長)

稲垣 敦(​大分県立看護科学大学 教授)

植山 茂宏(​府内耳鼻科医院 院長)

​江村 宏二

(株式会社エクスドリーム・スポーツ 代表取締役/1983年~2008年群馬県、山梨県、大分県の各教育委員会を歴任/2009年~2016年(公財)日本オリンピック委員会ナショナルコーチ/1992年~2016年フェンシング競技日本代表監督・コーチ​)

久保 徳彦(​別府医療センター 総合診療科 医学博士)

黒田 良祐

(​神戸大学大学院医学研究科外科系講座整形外科学 神戸大学医学部附属病院整形外科 教授)

坂本 すが 

(​東京医療保健大学 副学長/医療保健学部長/看護学科長/助産学専攻科長/大学院医療保健学研究科長/教授/日本看護協会前会長)

森 照明 
(日本臨床スポーツ医学会名誉会員/国立病院機構 西別府病院 名誉院長/大分県スポーツ学会 初代理事長・現顧問)

理事長  栗秋 良子 

(学校法人 別府溝部学園短期大学 准教授 

​副理事長 中野 真弥 (大分大学医学部附属病院)

​副理事長 河原 雄大 (厚生連鶴見病院)

会計   松本 由紀 (大分アルメイダ病院)

理事 ​  峯山 佳恵 (神戸大学医学部附属病院)

理事   大田 千賀子

(NPO法人日本ノルディックフィットネス協会理事/医療法人周行会居宅介護支援事業所看護師ケアマネージャー/健康運動看護学会認定健康スポーツナース)

​理事   望月 麻紀     (榊原記念病院)

【設立日】

​令和元年(2019年)6月1日

【構成】

​93名(2020年10月現在)

【設立発起人】

​秋吉 信子   

(大分県日本赤十字病院 元看護部長)

栗秋 良子   (大分県スポーツ学会 前理事)

​姫野 麻由美  (大場整形外科)

西村 菜摘   (大分岡病院)

高木 久美子  (大分協和病院)

山本 純子   (井野辺病院)

河原 雄大   (厚生連鶴見病院)

​中野 真弥   (大分大学医学部附属病院)